練習風景

2017.4.8(土) 佐布里池の梅まつりも終わり今は桜ですね。これからは池のメイン東屋も練習場所として、音楽の好きな方には喜ばれます。春風に誘われ私も3回程通いました。                          

 1日目、同年代の男性。ギター音色に誘われ横に据わる。演歌が好きなようだが、生憎今日は楽譜を持ってない。「南国の夜」「ベサメムーチョ」「さくら」「荒城の月」などを演奏する。喜ばれる、キャリアを聞いてくる、談笑。

 2日目、年上の男性が後ろで聴いて居り、奥様を待たせて話し掛けてきた。学生時代のギタマンクラブ、小学校時代のギターとの出会い。談笑。ポール&マリーの「悲惨な戦争」を弾く、とても喜ばれ、原語で歌われる。早速、ちた塾講座に申し込むとの事。名前は新幹線の「こだま」でと言ったところ、では私は「ひかり」でと帽子をとられた。毛が無かった。後でなるほどと思った(笑) 。                                       
 3日目、半島ドライブ予定の
同年代の女性が下方で練習を初めから聞かれてたとの事  。コンサート予定日を聞いてくるがボランティア活動の話しをする。夫婦でチェロとピアノを習っているほど音楽好き。クラシック曲をメインに演奏する。凄く感激される。
「独り占めにした」「主人を連れて来ればよかった」のことば。時間があればまだまだいろんなジャンルから演奏したかったが、薄着のため寒くなったようで別れの言葉を交わす。2時間位弾いたかな。今度はご主人と一緒に聞いてね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック